鎌倉手帳(寺社散策)

源義経の側室・蕨姫

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると、源義経は平時忠の娘を側室としている(1185年(文治元年)9月2日条)。

 側室の本名は不明だが、能登国の伝承では蕨姫と呼ばれている。

 ※能登国は平時忠が流された地。



 『平家物語』によると・・・

 平時忠は、源頼朝に知られてはまずい機密文書を義経に没収されていた。

 そこで長男の時実に相談すると・・・

 女房たちが訴え嘆くこと好まない義経の性格を利用して、21歳の娘を義経に差し出すこととする。

 少し歳はいっていたが、美人で気立てもよかったので、義経も正妻の郷御前を別の場所に移して、娘を宿に住まわせたのだという。

 そして、娘が機密文書のことを義経に話すと、義経は封も解かないまま時忠に返したのだとか。



 義経がいつ蕨姫を側室としたのかは不明。

 婚姻の理由には、時忠と連携して頼朝に対抗するためという説もあるようなので、義経頼朝の対立が決定的となった1185年(文治元年)6月以降か・・・?

 11月3日、義経は都落ちすることとなるが、その後、蕨姫がどうなったのかは不明。


リンクボタン平時忠・時実父子と源義経







奈良・京都

源義経伝説

歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)