鎌倉手帳(寺社散策)

沙 羅 双 樹

編集:yoritomo-japan.com







明月院の沙羅双樹
リンクボタン明月院の沙羅双樹
(ナツツバキ)

 釈迦は沙羅双樹の木の下で最期の時を迎えたといわれています(涅槃)。

 涅槃図に描かれている木が沙羅双樹。

 日本では「ナツツバキ」を沙羅双樹とする場合が多いようです。

成就院の沙羅双樹
リンクボタン成就院の沙羅双樹
(ナツツバキ)

長谷寺の沙羅双樹
リンクボタン長谷寺の沙羅双樹
(ナツツバキ)

光則寺の沙羅双樹
リンクボタン光則寺の沙羅双樹
(ナツツバキ)


浄智寺ハクウンボク
リンクボタン浄智寺の沙羅双樹
(ハクウンボク)

 「ハクウンボク」を「沙羅双樹の木」とする場合もあります。





〜『平家物語』で語られた花〜

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰のことわりをあらはす


 最期の時を迎えた釈迦が沙羅双樹の下に横たわったとき、沙羅双樹は満開の花をつけ、入滅すると枯れ果てたのだといいます。

 残された白い花は、白鶴が群れをなしているように見えたそうです。

 そのため釈迦が入滅した沙羅双樹の林は「鶴林」と呼ばれます。

 『平家物語』冒頭の一節には、こんな伝承から作られたようです。


仏涅槃図(東慶寺)
リンクボタン仏涅槃図
(臨終の様子)

 仏涅槃図は釈迦の入滅の様子を描いたもの。

 釈迦の様々な物語が語られた絵で、2月15日の命日には、各寺が涅槃図を掲げで涅槃会を執り行います。







鎌倉:初夏の花


okadoのブログ
鎌倉:花情報



鎌倉で見つけた花


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)