鎌倉手帳(寺社散策)

曲金の馬頭観音
〜梶原景時の変:静岡〜


編集:yoritomo-japan.com







曲金の馬頭観音堂


 伝説によると・・・

 1200年(正治2年)1月20日、狐ヶ崎で在地武士と戦った梶原景時

 合戦では、愛馬「磨墨」が敵の矢に斃れてしまった。

 景時は、磨墨と同じく斃れた一族郎党の愛馬を丁寧に葬ってくれるよう村人に頼んだのだという。

 曲金の馬頭観音は、村人たちが供養のために建てたのだと伝えられている。

 近くには、合戦で戦死した者を供養するために建てられた曲金観音堂もある。

 高橋の高源寺には、愛馬に乗馬する梶原景時のレリーフが置かれている。

『吾妻鏡』にも出てくる狐崎の場所については諸説ある。


(参考)
万福寺磨墨像
リンクボタン磨墨像
(東京大田区:萬福寺)

 磨墨(するすみ)は、源頼朝の愛馬。

 木曽義仲討伐の際の宇治川の戦いで、景時の嫡男景季は頼朝から拝領した磨墨に乗馬し、生月に乗馬した佐々木高綱と先陣を争ったのだと伝えられている。

 馬の寿命からして、景時の愛馬だったという磨墨とは違うと思われるが、何か関係があるのかも・・・


梶原景時の変

梶原景時・景季の最期






〜梶原景時終焉の地をめぐる〜

梶原山
リンクボタン景時終焉の地
(梶原山)
梶原景時一族の供養碑
リンクボタン梶原父子の墓
(梶原堂)

矢射タム橋の碑
リンクボタン矢射タム橋の碑
(瀬名川古戦場)
高源寺
リンクボタン高源寺
(景時一族供養碑)



2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜


二代将軍源頼家

初代執権北条時政

二代執権北条義時







馬頭観音

静岡市駿河区曲金2−8−69

最寄り駅
静岡清水線「柚木」



梶原景時終焉地
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)