鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

法 源 寺
〜龍口寺輪番:ぼたもち寺〜

編集:yoritomo-japan.com







腰越・法源寺


 龍口寺輪番寺の一つ。

 1303年(嘉元元年)、日行によって開かれた。

 法源寺は「ぼたもち寺」とも呼ばれ、1271年(文永8年)9月12日、龍ノ口刑場へと護送される日蓮に「ゴマのぼたもち」を捧げたという伝説が残された「桟敷の尼」の実家の菩提寺だったことによるといわれている(参考:龍ノ口法難)。

 開山の日行は、同じ輪番寺の本龍寺も開いていることから、本龍寺とは兄弟寺と呼ばれている。


開山 日行
本尊 曼陀羅


リンクボタン鎌倉と日蓮

リンクボタン鎌倉の日蓮宗の寺

リンクボタン龍口寺輪番八ヶ寺





法源寺稲荷堂
稲荷堂

 経一稲荷大善神が祀られ、日蓮の身の安全を守ったとされる。

 龍ノ口法難の際に日蓮を守ったと伝えられる文殊菩薩像も祀られている。



桟敷の尼

 桟敷とは、源頼朝由比ヶ浜で行った「千羽鶴の放生会」を観覧するために設けられた展望台で、尼はその管理をしていたという。

 1203年(建仁3年)に起こった比企氏の乱によって滅びた比企能員の夫人の妹という説がある。

桟敷の尼夫妻の墓
リンクボタン常栄寺
(桟敷の尼夫妻の墓)

龍ノ口法難とぼたもち寺(okadoのブログ)



日蓮像

 一本の木から二体を彫ったと伝えられる日蓮像が安置され、もう一方は龍口寺に安置されている。



法源寺庚申塔
庚申塔

 1667年(寛文7年)の銘の入った庚申塔は、人まねき庚申塔とも呼ばれ、市の有形民俗文化財に指定されている(一番左)。



法源寺
腰越の海


ぼたもち供養


okadoのブログ
腰越(小動岬〜龍口寺)

江の島道(手広〜津〜腰越〜片瀬)






腰越・法源寺
法源寺

鎌倉市腰越5−1−17

江ノ電「江ノ島駅」より徒歩10分


江ノ電で鎌倉


龍口寺
リンクボタン龍口寺

 龍口寺(藤沢市片瀬)は、1886年(明治19年)まで住職を持たず、その近くに八つの寺を建て、その寺が順番で日蓮の霊場である龍口寺を守ってきた。
 この八つの寺は、龍口寺輪番八ヶ寺と呼ばれている。



鎌倉:寺社・史跡めぐり
七里ヶ浜・腰越・片瀬

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時