鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



鎌 倉 年 表
南北朝・室町時代

編集:yoritomo-japan.com








1334年(建武元年)

 後醍醐天皇による「建武の新政」が開始される。
 報国寺が建立される。


報国寺
リンクボタン報国寺



1334年(建武元年)

 後醍醐天皇の皇子護良親王足利尊氏と対立し東光寺(現在の鎌倉宮)に幽閉される。


鎌倉宮土牢
リンクボタン護良親王の土牢



1335年(建武2年)

 北条時行の反乱。護良親王が殺害される(中先代の乱)。


護良親王の墓
リンクボタン護良親王墓



1336年

 足利尊氏「建武式目」を定める(室町幕府の成立)。
 南北朝時代。
 新田義貞が九品寺を建立。


九品寺
リンクボタン九品寺



1338年

 足利尊氏が征夷大将軍となる。



1339年

 後醍醐天皇没。



1342年

 五山十刹が制定される。



1349年

 足利基氏鎌倉公方となる。



1392年(明徳3年)

 南北朝統一。





 鎌倉幕府滅亡後、京都では後醍醐天皇による親政が行われるが失敗に終わり、足利尊氏が幕府を開いた。
 鎌倉には鎌倉府が置かれ、その長官を鎌倉公方と称していた。









1394年(応永3年)

 上杉氏定が海蔵寺を建立。


海蔵寺
リンクボタン海蔵寺



1405年(応永12年)

 永福寺焼失。


永福寺跡
リンクボタン永福寺跡



1405年(応永23年)

 上杉禅秀の乱


上杉禅秀邸跡
リンクボタン上杉禅秀邸跡跡碑



1436年(永享8年)

 足利持氏本覚寺を建立。


本覚寺
リンクボタン本覚寺



1438年(永享10年)

 永享の乱足利持氏自刃)。



1455年(康正元年)

 享徳の乱足利成氏が古河に逃れる





 代々の鎌倉公方は京都の将軍と対立を繰り返した。

 永享の乱足利持氏が敗れると鎌倉公方は空席となっていたが、1449年(宝徳元年)、持氏の遺児成氏が鎌倉公方となった。

 しかし、1454年(享徳3年)、成氏関東管領上杉憲忠を御所に招き謀殺。幕府は憲忠の後継者房顕を援護するため今川範忠を起用し、成氏討伐に向かわせた(享徳の乱)。

 この戦いによって成氏は古河に逃れ「古河公方」と称するようになる。

 これにより鎌倉は政治の中心から離れ、そして、戦国時代を迎えることとなる。









戻る
北条氏の時代その2


リンクボタン鎌倉年表トップ





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮