奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:宇治神社

編集:yoritomo-japan.com







宇治神社


 宇治神社は、明治維新まで隣接する宇治上神社と対を成していた。

 創建年は不明。

 応神天皇の皇子・菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の離宮「菟道宮(うじのみや)」(桐原日桁宮(きりはらのひけたのみや))があった場所といわれ、皇子の死後、異母兄の仁徳天皇が霊を祀ったのを始まりとしているという。

  そのため、「離宮社」、「離宮八幡」とも呼ばれた。

 伝説によると菟道稚郎子は、兄の仁徳天皇に皇位を譲るため自害したという。

 本殿外陣に置かれている木造の狛犬は現存する木造の狛犬では最大級。

 本殿の木造莵道稚郎子命坐像は国重文。

 宇治川対岸に平等院が創建されると鎮守社となった。


 山城国宇治の古代表記は「菟道」とされる。


祭神

菟道稚郎子命
(うじのわきいらつこのみこと)






宇治神社拝殿
拝殿
(桐原殿)
宇治神社中門
中門


宇治神社本殿
本殿
(鎌倉時代・国重文)


宇治神社
境内社
宇治神社
境内社

伊勢両宮社・高良神社・松尾神社・廣田神社

春日神社・日吉神社・住吉神社







宇治神社
兎の手水

 宇治の古代表記は「菟道」。

 「くさかんむり」に「兎」という字と「道」。

 文字どおり、宇治は兎の生息地で、祭神の菟道稚郎子が河内国から来るときに道に迷っていると、一羽の兎が案内してくれたという。

 宇治神社の兎は「みかえり兎」と呼ばれ、神の使いと伝えられている。



菟道稚郎子命を祭神とする神社・・・

リンクボタン前鳥神社(神奈川県平塚市)



宇治神社
宇治神社

宇治市宇治山田1

京阪宇治線「宇治駅」から徒歩5分
JR奈良線「宇治駅」から徒歩10分



洛南エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時