奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



建仁寺塔頭禅居庵
〜摩利支天堂〜


編集:yoritomo-japan.com







建仁寺禅居庵


 禅居庵は、建仁寺の塔頭。

 元弘年間(1331-1333)に小笠原貞宗が創建。

 開山は、建仁寺第二十三世の清拙正澄(せいせつしょうちょう)。

 本尊は聖観音。


〜清拙正澄〜

 清拙正澄は、中国の臨済宗の僧。

 1326年(嘉暦元年)、日本からの招請に応じて使者の月山友桂らとともに博多に到着。

 翌年、上洛した後、北条高時に迎えられて鎌倉の建長寺浄智寺円覚寺に住持、1333年(元弘3年)に再び上洛して建仁寺南禅寺を歴住。

 晩年は禅居庵に退去し、1339年(暦応2年)1月17日入寂。

 諡は大鑑禅師。






建仁寺摩利支天堂
摩利支天堂


 摩利支天堂に安置されている「摩利支天像」は、七頭の猪の上に坐す像。

 清拙正澄が来日する際に作ったもので、袈裟に包んで船に乗せ請来したものと伝えられている。

 10月20日の大祭のみに開帳される秘仏。


建仁寺摩利支天堂








〜鎌倉にも摩利支天坐像坐像〜

建長寺禅居院
リンクボタン建長寺禅居院
(鎌倉)

 鎌倉建長寺の塔頭禅居院は、清拙正澄の塔所。
 
 秘仏の摩利支天坐像は、正澄が来日する際に中国皇帝より託されたものと伝えられている。



歴史めぐり源頼朝



建仁寺
リンクボタン建仁寺

 建仁寺は、1202年(建仁2年)、鎌倉幕府二代将軍の源頼家が創建。
 開山には、我が国臨済宗開祖の栄西
 京都五山第三位の格式を誇った寺。


京都市東山区小松町584

JR京都駅から市内循環バス
「東山安井」下車徒歩5分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり



2022年の大河ドラマは
「鎌倉殿の13人」

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時


承久の乱