鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

禅 居 院
〜建長寺塔頭〜

編集:yoritomo-japan.com







建長寺禅居院


 禅居院(ぜんきょいん)は、第二十二世清拙正澄(せいせつしょうちょう・大鑑禅師)の塔所。

 本尊は聖観音菩薩。

 正澄は、中国臨済宗の僧で、十四代執権北条高時の招きで来日した。

 浄智寺円覚寺建仁寺南禅寺にも住持している。

 亡くなる前に筆をとった遺偈は国宝。

 本尊聖観音半跏像は鎌倉時代の作。

 秘仏に摩利支天坐像が安置され、正澄が日本に来る際に、中国皇帝より託されたものと伝えられている。





建仁寺摩利支天堂
リンクボタン摩利支天堂
(京都建仁寺塔頭禅居庵)

 禅居庵は建仁寺の塔頭。

 摩利支天堂に安置されている秘仏の「摩利支天像」は、正澄が来日する際に自ら彫った像を袈裟に包んで請来したものと伝えられている。



 禅宗では、高僧の塔があるところを塔頭という。
 建長寺塔頭は、その繁栄時には49院を数えたが、現在は12の塔頭が残っている。


リンクボタン建長寺の塔頭







鎌倉五山

北条氏をめぐる鎌倉
(北条氏ゆかりの寺社・史跡)



建長寺
リンクボタン建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時