鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

五大明王像
鎌倉:明王院

編集:yoritomo-japan.com







明王院


 鎌倉で五大明王を祀るのは明王院のみ。

 明王とは、大日如来の命により、怒りの姿ですべての魔障を降伏させる尊像。

 明王院の五大尊像には、それぞれの堂が建てられ、中心に不動、東に降三世、西に大威徳、南に軍荼利、北に金剛夜叉が祀られていたという。

 そのため明王院は「五大堂」と呼ばれていた。





◎木造不動明王坐像

 鎌倉時代。像高85.3p。五大堂の本尊。慶派仏師の作と考えられている(国重文)。

 一説には肥後定慶の作であるとされ、肥後定慶は運慶の次男康運だとする説が有力となっている。

 『吾妻鏡』によれば、1235年(文暦2年)5月27日、北条泰時は将軍藤原頼経室の竹御所一周忌に造仏を行い、仏師は肥後法橋だったという。

 この肥後法橋とは定慶のことであり、『高山寺縁起』は、地蔵十輪院四天王像のうち広目天を造立した仏師を「康運改名定慶」と紹介していることから定慶=康慶という推測が成り立つという。


 鎌倉の伝統工芸「鎌倉彫」は、陳和卿が中国の宋より持ってきた彫漆工芸を真似て、康運が仏具を作ったのを始まりとしている。


◎木造降三世明王立像

 江戸時代。像高79.1p。三面八臂。1712年(正徳2年)、鎌倉仏師三橋左京重信・重房の作。


◎木造軍荼利明王立像

 江戸時代。像高76.2p。一面三目八臂。手足に蛇が巻きついている。
 1712年(正徳2年)、鎌倉仏師三橋左京重信・重房の作。


◎木造大威徳明王騎像

 江戸時代。像高61.1p。三面六臂六足で、頭上に三面をのせ各面とも三目。水牛の上に乗っている。
 1712年(正徳2年)、鎌倉仏師三橋左京重信・重房の作。


◎木造金剛夜叉明王立像

 江戸時代。像高81.3p。四面六臂三目。1712年(正徳2年)、鎌倉仏師三橋左京重信・重房の作。







明王院
リンクボタン明王院

 明王院は将軍の祈願所として創建され、五大明王を祀る寺院として壮麗を極めた。
 現在も本堂に安置されている五大明王像は、鎌倉で唯一の尊像。


鎌倉市十二所32
0467(25)0416

鎌倉駅から金沢八景・大刀洗行バス
「泉水橋」下車徒歩5分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
金沢街道沿い

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時