中世歴史めぐり

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



武田不動尊
〜甲州市:恵林寺明王殿〜

編集:yoritomo-japan.com








恵林寺武田不動尊


 恵林寺の明王殿には、武田信玄が大僧正位を受けた記念に自らの姿を模刻させたという「武田不動尊」が安置されている。
 
 京の仏師・斉藤康清(こうせい)を招き、対面で模刻させたとされる等身大の不動明王像で、信玄の頭髪を焼いて彩色されたものだという。
 
 信玄31歳のときの制作で「信玄生不動」とも呼ばれている。

 明王殿裏の聖域には武田信玄の墓がある。


恵林寺明王殿





武田信玄の墓
リンクボタン武田信玄の墓

 明王殿の背後には、1573年(元亀4年)4月12日に亡くなった武田信玄の墓が建てられている。









恵林寺
リンクボタン恵林寺

 恵林寺は七朝帝師と呼ばれた夢窓疎石が開いた臨済宗の古刹。
 戦国期には武田信玄が信仰し、明王殿裏には信玄の墓がある。


山梨県甲州市塩山小屋敷2280

JR中央本線塩山駅から甲州市市民バス西沢渓谷線・窪平線「恵林寺」下車。

JR中央本線山梨市駅から山梨市営バス西沢渓谷線し「隼上」下車。



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


奈良・京都 奥州平泉
源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


徳川家康


徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮