鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



北条氏は龍神に滅ぼされたのか?〜江の島龍神伝説〜

編集:yoritomo-japan.com







〜江の島弁財天(龍神)のお告げ〜

 『太平記』によると・・・

 北条時政は、幕府草創の始めに江の島へ参籠した際、江ノ島弁財天(龍神)にこう告げられた。

 「北条氏の世は、正しい行いをしなければ七代以上は続かない」


北条時政の龍神伝説



〜北条氏は何代で滅んだのか?〜

 よく北条九代といわれます。

 時政義時泰時・時氏・経時・時頼時宗・貞時・高時とするのが一般的。

 北条氏の滅亡(鎌倉幕府の滅亡)は、九代目の高時のとき。

 『太平記』には、高時は「危機感がなく、田楽にうつつをぬかし、闘犬に興じている」、また、「七代が過ぎ九代目になっているので、そろそろ滅亡の時がきた」と記されている。



〜不思議な事実〜

 四代目の時氏は、父泰時より先に死去。

 執権にもなっていない。

 執権職を継いだのは時氏の子経時だった。

 時氏を除くと八代に。

 そして、経時と時頼は兄弟なので、二人で一代と数えると、北条氏は七代ということになる。

 こういう計算だと・・・

 「正しい行いをしなければ七代以上は続かない」

 という江ノ島弁財天のお告げは、「ピッタリ当たった」ということなのだろうか・・・。







稲村ヶ崎
リンクボタン稲村ケ崎

 1333年(元弘3年)5月21日、鎌倉を攻める新田義貞は、海に黄金の太刀を投げ入れて龍神に祈願すると、潮が引き、稲村ヶ崎を突破できたのだという。


新田義貞の鎌倉攻め

鎌倉幕府滅亡



江の島
リンクボタン江の島

 江の島は古来より、龍神信仰と弁財天信仰とが習合した島。

江の島:龍宮
リンクボタン龍宮

 龍宮(わだつみのみや)は、岩屋洞窟の真上に鎮座している。

江の島:龍神
リンクボタン龍神







初代執権北条時政

江の島



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時