鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



北条時政の江の島龍神伝説
〜龍神が残した三つ鱗〜


編集:yoritomo-japan.com







江の島
リンクボタン江の島


 『太平記』によると・・・

 北条時政は、幕府草創の始めに江の島へ参籠して子孫繁栄を祈ったのだという。

 祈ること三七日(21日)、 満願の夜、 赤い袴に裏が青い衣を着た美女(弁財天)が忽然と時政の前に現れた。

 美女(弁財天)は時政に・・・

 「お前の前世は箱根法師である。

 六十六部の法華経を書写して、六十六箇国の霊地に奉納した功徳で、この世に生まれ変わった。

 子孫は永く日本の主となって繁栄するであろう。

 ただし、正しい行いをしなければ七代以上は続かない。

 私の言うことに不審があるなら、国々の霊所を見てみよ」

 と告げた。

 その後、美女(弁財天)は二十丈(約60m)の大蛇(龍)となって海中へと姿を消すが、その折、大きな鱗を3つ落としていった。

 時政は「所願成就した」と喜び、その3つの鱗を北条の旗の紋としたのだという(ミツウロコ)。

 そして、美女(弁財天)のお告げのとおりに国々の霊所へ人を遣わすと、奉納した法華経の筒の上に「大法師時政」と書かれていたのだとか。


江島神社
リンクボタン江島神社
江島神社御神紋
リンクボタン江島神社御神紋

 江島神社の御神紋も龍神の3つの鱗。


北条氏のミツウロコ
リンクボタン北条ミツウロコ







江の島:龍宮
リンクボタン龍宮

 江の島は古来より、龍神信仰と弁財天信仰とが習合した島。

 龍宮(わだつみのみや)は、岩屋洞窟の真上に鎮座している。


江の島:龍神
リンクボタン龍神
(岩屋洞窟)

 岩屋洞窟は、江の島弁財天信仰の発祥地。



〜北条氏は何代続いた?〜

 北条時政は「正しい行いをしなければ七代以上は続かない」と告げられていたが、北条氏は何代にわたって繁栄したのだろうか?

北条氏は龍神に滅ぼされたのか?


新田義貞の鎌倉攻め

稲村ヶ崎の奇跡〜龍神と黄金の太刀〜

鎌倉幕府滅亡







初代執権北条時政

江の島



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時