鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



稲村ヶ崎の奇跡
〜龍神と黄金の太刀〜
=新田義貞の鎌倉攻め=

編集:yoritomo-japan.com








稲村ヶ崎の新田義貞



 1333年(元弘3年)5月18日、新田義貞が鎌倉攻めを開始。

 本隊は仮粧坂、大舘宗氏と江田行義の部隊が極楽寺坂、堀口貞満と大島守之の部隊が巨福呂坂から攻め込んだ。

 翌19日には、大館宗氏が極楽寺坂を突破。

 しかし、宗氏が稲瀬川で討たれると、兵が片瀬・腰越まで退いてしまう。

 それを聞いた義貞は、仮粧坂から極楽寺坂へ。



十一人塚
リンクボタン稲瀬川









 『太平記』によると・・・

 5月21日夜半、片瀬・腰越を廻って極楽寺坂へ向った義貞が敵陣を見ると・・・

 北は切通しまで山高く険しい路で、大仏貞直を大将とする幕府軍数万が陣を並べていた。

 南は稲村ヶ崎で、砂の上の路は狭く、波打ち際まで柵が設けられ、海上には大船が並べられ、側面から射ようと待ち構えている。

 この状況では、味方が引き下がったのも当然と考えた義貞は、馬から下り、兜を脱いで、海上の遥か遠くを伏し拝み、龍神に誓願。

 「伝え聞くところ、日本を創られた伊勢神宮天照大神は、広い海の龍神として現れたと聞いております。

 後醍醐天皇は天照大神の子孫として、逆臣のために西海の波の上に漂っておられます。

 今、義貞は臣下の道を尽くすために、逆臣征伐に臨んでおります。

 その志は、ひとえに、世の中をよくし、人民を安心させることです。

 龍神八部衆にお願い申し上げますことは、臣の忠義を推量され、潮を遠くに引かせ、全軍に道を開いていただきますこと」

 と祈念した義貞は、腰の黄金作りの太刀を抜いて、海中に投げ入れた。

 すると、その太刀を龍神が受け入れたのか、にわかに稲村ヶ崎の潮が引いて干上がり、砂浜が広がった。

 側面から射ようと待ち構えていた幕府軍の数千の兵船も、潮に流されて、遥か沖で漂っている。

 これを見た義貞は、

 「後漢の弐師将軍が、城中の水が尽きたときに刀を抜いて岩石に刺すと、勢いよく泉が湧き出したという。

 神功皇后が新羅を攻めたときには、潮を引かせる霊力がある干珠を海中に投げ入れると、潮が遠く退いて戦いに勝つことができたという。

 これらは日本と中国の吉例。

 めでたいことの前兆として起こる不思議な現象が今起きた。

 進めや兵どもよ」

 と下知したのだという。

 そして、江田・大館・里見・鳥山・田中・羽河・山名・桃井をはじめ、越後・上野・武蔵・相摸の軍勢六万余騎が、稲村ヶ崎の干潟を真っすぐに駆け通り、鎌倉に乱れ入った。



生品神社新田義貞像
リンクボタン新田義貞像
(太田市:生品神社)

 生品神社の新田義貞像は、稲村ケ崎で龍神に祈り、太刀を海に投じる光景を表したもの。



稲村ヶ崎
リンクボタン稲村ヶ崎


 「なげ入れしつるぎの光あらはれて千尋の海も陸となりぬる」

 稲村ケ崎には、明治天皇の歌碑が建てられている。



新田義貞伝説:黄金の雌雄の太刀










新田義貞の鎌倉攻め

北条氏は龍神に滅ぼされたのか?


鎌倉幕府滅亡




新田義貞鎌倉攻めMAP









鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部