中世歴史めぐり

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

松尾芭蕉のおくのほそ道〜奥州平泉〜

編集:yoritomo-japan.com







松尾芭蕉

 1689年(元禄2年)3月27日、江戸を発った松尾芭蕉は、5月13日、平泉に到着します。

 そして、源義経の最期の地となった高館(衣川館跡)と中尊寺を訪れます。



 三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。

 秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。


無量光院跡
リンクボタン無量光院跡

 無量光院は、奥州藤原氏3代目の秀衡が建立した寺院。


 まづ高館にのぼれば、北上川南部より流るる大河なり。

 衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落ち入る。

 泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、夷を防ぐと見えたり。

 さても、義臣すぐつてこの城にこもり、功名一時の叢となる。

 国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落とし侍りぬ。


高館義経堂
リンクボタン高館義経堂

 高館(たかだち)は、源義経が自刃した所。

 芭蕉はここで「夏草や 兵共が 夢の跡」と詠んだのだという。

卯の花清水
卯の花清水

 高館義経堂の下にある清水は、芭蕉の門人・曾良が「卯の花に兼房みゆる白毛かな」と詠んだことから「卯の花清水」と名付けられた。

 兼房は、義経の忠臣。

 最後まで奮戦した白髪の老臣だったという。


 かねて耳驚かしたる二堂開帳す。

 経堂は三将の像を残し、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。

 七宝散りうせて、珠の扉風に破れ、金の柱霜雪に朽ちて、既に頽廃空虚のくさむらとなるべきを、 四面新たに囲みて、甍を覆うて風雨をしのぐ。

 しばらく千歳の記念とはなれり。


中尊寺金色堂
中尊寺金色堂

 高館に続いて芭蕉が訪れたの中尊寺。

 金色堂は朽ち果てていましたが、わずかな光を芭蕉に投げかけます。

 その時に詠んだ句が「五月雨の降り残してや光堂」。







奥州平泉


奥州征伐

源義経

源義経伝説をめぐる鎌倉

歴史めぐり源頼朝




〜平泉・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



中世歴史めぐり