鎌倉手帳(寺社散策)

畠山重忠の首塚
〜横浜市旭区〜


編集:yoritomo-japan.com







畠山重忠首塚


 畠山重忠は、武蔵国男衾郡畠山郷を領した武将。

 父は畠山重能、母は三浦大介義明の娘。

 1180年(治承4年)の源頼朝挙兵時には平家方の大庭景親に従ったが、のちに臣従して、頼朝の鎌倉入りの際には先陣を務めた。

 頼朝の武家政権樹立に尽力し、智・仁・勇を兼ね備えた「坂東武士の鑑」と称されていたが、頼朝死後の1205年(元久2年)6月22日、北条時政の謀略により武蔵国二俣川で最期を遂げる。

 横浜市旭区にある首塚は、弓の名手といわれた愛甲三郎季隆の矢に当たって死んだ重忠の首が祀られた場所と伝えられている。 

 参考:畠山重忠の乱


相鉄線「鶴ヶ峰駅」より

旭区役所周辺の史跡



畠山重忠像
リンクボタン畠山重忠公史跡公園
(深谷市)
菅谷館跡
リンクボタン菅谷館
(嵐山町)







畠山重忠邸跡碑
リンクボタン畠山重忠邸跡碑

 鶴岡八幡宮流鏑馬馬場の東の鳥居を抜けたところにある石碑。

 源頼朝の信任を得た畠山重忠の邸は、御所の南という重要な地に置かれた。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)