鎌倉手帳(寺社散策)

ハス鎌倉のハス アジサイ鎌倉のアジサイ
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



江の島:岩本坊

編集:yoritomo-japan.com







江の島岩本楼


 かつて江の島には、岩屋本宮、上之宮(中津宮)、下之宮(辺津宮)の三宮があって、それぞれ、岩本坊、上之坊、下之坊という別当寺があった(いずれも古義真言宗)。

 現在の旅館岩本楼は、岩屋本宮の別当「岩本坊」。

 岩本坊は、一山の総別当だったといわれ、「江島寺」とも呼ばれていたという。

 中世には間宮氏が経営し、岩本楼には、鎌倉公方足利成氏から間宮氏に送られたの感謝状をはじめ、小田原北条氏からの書状が残されている。

 江戸時代には京都仁和寺の末寺となり、江戸幕府からは、1649年(慶安2年)、江の島全山の山林竹木等諸役免除の朱印状が与えられ、1706年(宝永3年)には、片瀬村に社領15石の朱印地が与えられた。

 また、江戸時代には、院号の使用が許され「岩本院」と称していたという。



江島神社辺津宮
リンクボタン辺津宮
(下の院)
江島神社中津宮
リンクボタン中津宮
(上の院)

江島神社奥津宮
リンクボタン奥津宮
(本宮御旅所)
江の島岩屋
リンクボタン岩屋
(本宮)



okadoのブログ

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋






歴史めぐり源頼朝



江島神社
リンクボタン江島神社

 江島神社は、欽明天皇の勅命で岩屋に宮を建てたのがはじまりとされる。
 現在は、辺津宮中津宮奥津宮からなる。


江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分

東京2020オリンピック
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は2021年に延期。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時