鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

歴史めぐり源頼朝
〜後白河法皇の法要〜







 1192年(建久3年)3月13日、後白河法皇が崩御。

 前年に源頼朝が方住寺殿を再建して間もなくの出来事でした。

 リンクボタン後白河法皇の院御所「法住寺殿」の再建


 頼朝は、3月19日に幕府で初七日の法事を行い、七々日(四十九日)毎に念仏を唱える事を決めています。

 3月20日、山ノ内では、往来する旅人や農民らが浴するための蒸し風呂が行われました。

 これも後白河法皇の冥福を祈るためなのだとか・・・

 4月4日、三七日の法事。

 頼朝はこの日から毎日、法華経を読誦する事にしています。

 4月28日、三十五日の法事。

 そして5月8日、勝長寿院で後白河法皇の四十九日法要が執り行われました。

 布施は、僧一人毎に、白布三反と米を一袋。

 二階堂行政と中原仲業が担当しました。

 集まった僧は・・・

 鶴岡八幡宮 20人

 勝長寿院 13人

 走湯権現(伊豆山神社) 18人

 箱根権現(箱根神社) 18人

 大山寺 3人

 金目観音(光明寺) 3人

 高麗寺(高来神社) 3人

 六所神社 2人

 岩殿寺 1人

 杉本寺 1人

 岩窟不動 1人

 慈光寺 10人

 浅草寺 3人

 真慈悲寺(百草園) 3人

 勝福寺(飯泉観音) 2人

 国分寺 3人

 計105名


後白河法皇法住寺陵
リンクボタン後白河天皇法住寺陵
(京都:法住寺)

 後白河法皇が崩御すると、法住寺殿の一画に法華堂が建てられて法皇の御陵となりました。







戻る
征夷大将軍



源頼朝



編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)