鎌倉手帳(寺社散策)

渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」
戌神将二代執権 北条義時



歴史めぐり源頼朝
〜宇治川の先陣争い〜







 木曽義仲追討の宇治川の戦いでは、源頼朝から、「生食」(いけづき)を与えられた佐々木高綱と「磨墨」(するすみ)を与えられた梶原景季の先陣争いが繰り広げられます。

 「生食」と「磨墨」とは、ともに頼朝が可愛がっていた名馬。


宇治川先陣の碑(宇治市)
リンクボタン宇治川先陣の碑
(宇治市)


〜「生食」を所望した景季と、
「生食」を盗んだと言った高綱〜


 『平家物語』によると・・・

 梶原景季は、頼朝に「生食」を所望しますが、頼朝は、

 「この馬は万が一の時、自分が甲冑を着けて乗る馬であるから、磨墨ではどうか。

 磨墨も生食に劣らない名馬であるぞ」

  といって「磨墨」を与えます。

 ところが、佐々木高綱が出陣する際に頼朝のところへ挨拶に来ると、

 「生食を所望する者は大勢いるが・・・」

 といいながらも「生食」を高綱に与えてしまいます。

 感激した高綱は、

 「この御馬で宇治川の先陣を承るつもりです。

 もし私が討死したとお聞きになったときは、先陣は他の者に渡したとお思い下さい。

 生きているとお聞きになられたならば、先陣は確かに高綱が切ったとお思い下さい」

 といって頼朝の前を下がったといいます。

 その後、進軍する義仲追討軍の中で、高綱が「生食」に乗っていることを知った景季は、

 「頼朝から恥辱を与えられた」

 として、高綱を殺して自分も自害しようと考えます。

 しかし、高綱が機転を利かせて

 「宇治川を渡るためには、屈強な馬が必要だったので、頼朝様の生月を盗んで参上した」

 と語ると、景季は、

 「そうであれば、景季も盗んでくればよかった」

 と語り笑ったのだとか。


磨墨像(東京大田区)
リンクボタン磨墨像
(東京大田区・
万福寺)
池月像(東京大田区)
リンクボタン池月像
(東京大田区・
洗足池)

 伝説によると、生食(池月)は、1180年(治承4年)、源氏再興の挙兵をして鎌倉を目指す源頼朝が、洗足池の畔に宿営したときに飛来したのだという。

 磨墨は、馬込(東京大田区)の産といわれ、萬福寺の山門前には磨墨像が置かれている。



〜宇治川の先陣争い〜

 『平家物語』によると・・・

 宇治川の戦いは、1月の事でしたので、雪解け水もあって水位が上昇していました。

 そこで源義経は、「淀か一口へ回るか、それとも水勢の収まるのを待つか」 と考えていると、畠山重忠が 「瀬踏みをいたしましょう」といって、五百余騎馬の轡を並べていました。

 すると、平等院北東、橘の小島が崎から、武者二騎が馬を激しく走らせて出てきます。

 梶原景季佐々木高綱でした。

 このとき景季は、高綱より一段ほど先に進んでいたといいます。

 高綱は、

 「腹帯がゆるんで見えますぞ。お締めなさい」

 と景季にいうと、景季は、左右の鐙を踏みゆるめ、手綱を「磨墨」のたてがみに投げかけ、腹帯を解いて締め直しました。

 その間に高綱は、景季を追い抜いて、「生食」を川へと打ち入れます。

 騙されたと感じた景季も、すぐに「磨墨」を川へ打ち入れ、

 「佐々木殿、高名を上げようと思って失敗なさるな。水の底には大綱が仕掛けてあるようだぞ」

 と声をかけますが、

 高綱は、太刀を抜いて、「生食」の足にかかった大綱を打ち切りながら進み、「生食」も宇治川の流れを気にせず真一文字に渡り、向かいの岸へ乗り上げたといいます。

 そして、「我こそは宇多天皇から九代目の後胤、佐々木三郎秀義の四男、佐々木四郎高綱、宇治川の先陣」と名乗ったそうです。

 一方、景季の「磨墨」は、川の流れに押し流され、はるか下流から岸に上がったといいます。

 こうして、宇治川の戦いは、佐々木高綱が先陣を切ったということです。


馬頭観音
リンクボタン鳥山の馬頭観音堂
(横浜市港北区)

 横浜市港北区鳥山は、佐々木高綱の所領でした。

 鳥山八幡宮は館跡と伝えられ、名馬「生食」は、鳥山で余生を送ったのだと伝えられています。


源義経伝説をめぐる鎌倉



戻る
木曽義仲追討のページへ



源頼朝










編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)