鎌倉手帳(寺社散策)

千 葉 神 社

編集:yoritomo-japan.com







千葉神社


 千葉神社は、千葉氏の守護神・妙見菩薩を本尊とする寺院として、平忠常が建てたのが始まりなのだという。

 創建は1000年(長保2年)。

 1180年(治承4年)、伊豆国で源氏再興の挙兵をし、安房国から上総国を経て下総国に入った源頼朝は、千葉常胤の案内で参拝したのだと伝えられている。

 翌1181年(養和元年)には、鶴岡八幡宮の八幡神が勧請され、1247年(宝治元年)の宝治合戦で千葉秀胤が滅ぼされる頃まで祀られていたのだという。

 1591年(天正19年)に参詣した徳川家康は、寺領を安堵し、太刀一振を寄進したと伝えられている。

 江戸時代期には、北斗山金剛授寺尊光院と呼ばれたが、明治の神仏分離によって神社となった。

 現在の社殿は、1990年(平成2年)に竣工した建物で、上下に二つの拝殿を有する我が国初の重層社殿。


祭神
天之御中主大神
(あめのみなかぬしのかみ)
経津主命
(ふつぬしのかみ)
日本武尊
(やまとたけるのみこと)

妙見菩薩と天之御中主大神は、同一とみなされてきた。


千葉神社
尊星殿

 尊星殿は、1998年(平成10年)に竣工した楼門と社殿の複合建築物。

 中央「福徳殿」・東「日天楼」・西「月天楼」・上階「開運殿」の四つに分かれている。





源頼朝挙兵

源頼朝鎌倉入り

歴史めぐり源頼朝



千葉神社
千葉神社

千葉県千葉市中央区院内1-16-1

JR千葉駅から徒歩10分



千葉常胤をめぐる!
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)