奈良・京都

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

真正極楽寺の本堂
〜京都:真如堂〜


編集:yoritomo-japan.com







真如堂本堂


 1693年(元禄6年)から1717年(享保2年)にかけての建立。

 「真如堂」の額は1726年(享保11年)、宝鏡寺宮からの寄進されたもの。

 徳川五代将軍綱吉と桂昌院によって寄進された宮殿の中には、本尊阿弥陀如来、安倍晴明の念持仏といわれる不動明王、千手観音が祀られている。





〜うなづきの弥陀〜

 本尊の阿弥陀如来は、慈覚が「比叡山の修行僧のための本尊になって下さい」と祈ると首を横に振り、

 「都へ下って、すべての人々をお救い下さい。特に女性をお救い下さい」

 と祈ると頷いたという。

 そのため「うなづきの弥陀」と呼ばれている。


〜不動明王〜

 安倍晴明の念持仏とされる像。

 晴明が急死したとき、この不動明王像が閻魔大王もとへ飛来し、「もう一度娑婆に返してほしい」と願うと閻魔大王がそれを聞き届け、晴明を蘇生させたという伝説の像。







歴史めぐり源頼朝



真如堂
リンクボタン真如堂
(真正極楽寺)

京都市左京区浄土寺真如町82

市バス「真如堂前」または「錦林車庫前」下車徒歩8分



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり