奈良・京都

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



鞭崎八幡宮
〜源頼朝ゆかりの社〜

編集:yoritomo-japan.com








鞭崎八幡宮


 鞭崎八幡宮(むちさきはちまんぐう)は、奈良時代の公卿・大中清麻呂の創建と伝えられる社。

 1190年(建久元年)、源頼朝上洛する際、神社の森を鞭で指して神の名を尋ねたことから、「鞭崎」と呼ばれるようになったのだという。

 翌年、頼朝は卜部兼勝に命じて社殿を再建したとも伝えられている。



〜卜部氏〜

 卜部氏は占いを業としていた氏族で、頼朝が崇敬していた三嶋大社の神官として仕えていたという説がある。





鞭崎八幡宮表門


 表門は、明治の廃藩置県で廃城となった膳所城の南大手門が移築されたもので、重要文化財に指定されている。


鞭崎八幡宮表門









鞭崎八幡宮
鞭崎八幡宮

滋賀県草津市矢橋町1462



大津で頼朝・義経・義仲
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時