鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

金 剛 寺
〜源頼朝布陣伝承地〜


編集:yoritomo-japan.com







金剛寺


 金剛寺は弘法大師創建と伝えられている寺院。

 正式名称は瀧河山松橋院金剛寺。

 真言宗豊山派。

 本尊は弘法大師作と伝わる不動明王。

 1180年(治承4年)、伊豆国で挙兵し、石橋山での敗北後、安房国に渡って再挙した源頼朝は、府中の大國魂神社へと向かう途中で滝野川松橋の地に布陣したのだと伝えられている。

 頼朝は、石神井川の洞窟の中に祀られていた弘法大師作と伝わる弁財天に祈願し、金剛寺内に弁天堂を建立して田園を寄進したのだという。

 弁財天は、岩屋弁財天・松橋弁財天と呼ばれて信仰を集めていたが、その後の兵火や掠奪などによって寺は荒廃。

 天文年間(1532-55)に阿闍梨宥印によって再興された。

 江戸時代には、金剛寺周辺は紅葉の名所として知られ、紅葉寺とも呼ばれていたのだという。

 金剛寺の周辺一帯は、豊島氏の支族滝野川氏の居館滝野川城跡ともいわれている。





金剛寺弁天堂
弁天堂

 弁天堂に祀られているのは近年造立されたもので、頼朝が祈願したという松橋弁財天は現存していない。


弘法大師像
弘法大師像







源頼朝挙兵

墨田川沿いの源頼朝伝説

源頼朝鎌倉入り

歴史めぐり源頼朝



金剛寺
金剛寺

東京都北区滝野川3−88−17

JR・東京メトロ南北線・都電荒川線「王子駅」より徒歩12分



豊島氏と源頼朝
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時