「青天を衝け」渋沢栄一

渋沢栄一渋沢栄一生地「中の家」

旧渋沢家飛鳥山邸
~渋沢栄一の曖依村荘跡~


編集:yoritomo-japan.com







旧渋沢家飛鳥山邸・庭園


 東京都北区西ヶ原にある飛鳥山公園の南側の一角は、近代日本経済の父と呼ばれた実業家渋沢栄一の自邸があった所。

 「曖依村荘」(あいいそんそう)と呼ばれた自邸は、1878年(明治11年)に別荘として建設され、1901年(明治34年)から亡くなる1931年(昭和6年)までは本邸として使用された。

 住居等の主要部分は1945年(昭和20年)4月の空襲で焼失してしまったが、庭園内の「晩香盧」と「青淵文庫」は焼失を免れている。


旧渋沢家飛鳥山邸・青淵文庫
青淵文庫

 空襲から奇跡的に免れた「晩香盧」と「青淵文庫」は国の重要文化財。

 「晩香盧」は、渋沢栄一の喜寿を記念して贈呈された小亭で、1918年(大正7年)に竣工。

 「青淵文庫」は、渋沢栄一の傘寿と子爵昇進を祝して贈呈された図書館で、1925年(大正14年)に竣工。

 「青淵」は渋沢栄一の雅号。






青淵由来之跡
リンクボタン青淵由来之跡
誠之堂
リンクボタン誠之堂

 渋沢栄一の生誕地には、「青淵由来之跡」の石碑が建てられている。

 第一銀行の保養・スポーツ施設「清和園」にあった誠之堂も渋沢栄一の喜寿を記念して建てられたもの。


渋沢栄一の墓
リンクボタン渋沢栄一の墓

 企業設立や社会事業に功績を残した渋沢栄一は、1931年(昭和6年)11月11日死去(享年92歳)。

 墓所は谷中霊園。

 谷中霊園には、渋沢栄一が仕えた徳川慶喜の墓もある。



2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一


渋沢栄一生誕地 青天を衝け

東京で渋沢栄一

横浜で渋沢栄一







飛鳥山公園
飛鳥山公園

東京都北区西ケ原2-16-1

JR京浜東北線「王子駅」南口から徒歩6分
東京メトロ南北線「西ヶ原駅」から徒歩6分
都電荒川線「飛鳥山電停」から徒歩5分



渋沢栄一めぐり東京
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。




2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人~宿老13人の合議制~

北条義時