鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



初音蒔絵火取母
〜鎌倉:東慶寺〜

編集:yoritomo-japan.com







初音蒔絵火取母


 東慶寺の松ヶ岡宝蔵に収蔵されている「初音蒔絵火取母」(はつねまきえひとりも)は、松竹梅と鴬の図柄が入った香炉。

 「はつね」「幾可」「せよ」の文字があって、『源氏物語』〜初音の帖〜で、明石の御方が姫君に贈った和歌「年月を松にひかれて経る人に今日鴬の初音聞かせよ」に因むもの。

 室町時代の作で重要文化財。






東慶寺
リンクボタン東慶寺


 東慶寺は、北条時宗の妻覚山尼が開いた。
 かつては、鎌倉尼五山第二位の格式を誇り、夫の横暴に悩む女性の救済場所だった。

鎌倉市山ノ内1367



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編