鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



浄光明寺敷地絵図

編集:yoritomo-japan.com








浄光明寺敷地絵図


 浄光明寺の境内の建物・寺域や周囲の景観、屋地を描いた絵図。

 南北朝期のもので重要文化財。

 中央に仏殿をはじめとする建物が描かれ、境内外には、廃寺となった「多寳寺」「東林寺」が描かれている。

 「守時跡」・「右馬権助跡」・「刑部跡」などの「跡」は、北条氏関係の屋地(屋敷)と考えられ、7箇所にある花押は上杉重能のもの。

  鎌倉国宝館に寄託。









浄光明寺
リンクボタン浄光明寺

 浄光明寺は、1251年(建長3年)、北条長時(のちの六代執権)によって再興された真言宗の寺。
 足利尊氏直義兄弟にゆかりのある寺でもある。


鎌倉市扇ガ谷2−12−1
0467(22)1359

鎌倉駅西口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部