鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



源義平の最期

編集:yoritomo-japan.com







 『平治物語』によると・・・

 1159年(平治元年)12月27日、平治の乱平清盛に敗れて都を落ちた源義朝は、源義平・源朝長・源頼朝・源重成・平賀義信・鎌田政清・金王丸の僅か八騎で東国を目指した。

 美濃国の青墓宿に着くと、義平は義朝の命で東山道を下って東国を目指したが・・・

 1月3日、東海道を下った義朝が、尾張国野間長田忠致の裏切りで暗殺されてしまう。

 飛騨国に下っていた義平は、大勢を味方に付けて東山道から京へ攻め上るつもりでいたが、義朝が討たれたと聞くと、家来が皆心変わりをして去ってしまった。

 そのため、自害を考えていたが、ここで無駄死するくらいなら、清盛父子の一人でも討って無念を晴らそうと考え直したのだという。

 京都に戻った義平は、義朝の家臣で平治の乱後に平家の使用人となっていた丹波国の志内景澄を頼って、景澄の下人として六波羅に入り、平家の様子を窺っていたが・・・

 景澄の膳を使用人が食べ、使用人の飯を景澄が食べていたのを家主に見られてしまう。

 「あの下人は義平に違いない」と感じた家主が平家に通報したことで、1月18日、難波経遠の三百騎余りに押し寄せられてしまう。

 その場を逃れた義平は、近江国の石山寺のあたりに隠れていたが、1月25日、難波経房の郎党に生け捕られ、六波羅に連行された。

 死罪となった義平は、六条河原で難波経房に斬られるのだが・・・

  刑場で義平が、

 「己は義平の首を討つほどの者なのか?

 晴れの舞台なのだから上手に斬れ!

 もし、下手に斬ったならば、己の面に食らいつくぞ!」

 と言うと経房は、

 「首を斬られた者が、どうやって喰らいつくのだ」

 と返してきた。

 義平は、

 「今ではない!あとで雷となって蹴り殺してやる!」

 と言い残したのだとか。


 数年後・・・

 平清盛の供をして布引滝を訪れた難波経房。

 そこで、雷に打たれて死んだのだと伝えられている。


石山寺本堂
リンクボタン石山寺
(大津市)

 滋賀県大津市にある石山寺は、古くから観音菩薩の聖地として栄えた寺。


石山寺多宝塔
リンクボタン多宝塔

 国宝の多宝塔は、源頼朝が兄義平を匿ってくれた礼として寄進したのだと伝えられている。



源義朝最期の地







歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編