鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



龍 隠 庵
〜円覚寺塔頭〜

編集:yoritomo-japan.com








円覚寺龍隠庵


 龍隠庵(りょういんあん)は、百二世大雅省音(たいがしょういん)の塔所。

 本尊は聖観音。

 百三十七世芳隠省菊によって開かれた。

 法珠院の宿寮(龍隠軒)であったが、1426年(応永33年)に塔頭に列せられる。
 
 のちに法珠院が衰退し、龍隠軒のみが残った。



円覚寺龍隠庵


円覚寺龍隠庵









円覚寺龍隠庵


円覚寺龍隠庵


円覚寺龍隠庵



円覚寺龍隠庵
養蜂箱


円覚寺龍隠庵
観音像


円覚寺龍隠庵
石んこ地蔵

(参考:長谷寺の良縁地蔵





円覚寺

 龍隠庵は選仏場居士林背後の高台にあって、山門仏殿が一望できる。


龍隠庵の枝垂れ桜
リンクボタン枝垂れ桜
龍隠庵のイワタバコ
リンクボタンイワタバコ


円覚寺龍隠庵
リンクボタン円覚寺の紅葉
雪の円覚寺
リンクボタン雪の円覚寺









 禅宗では高僧の塔があるところを塔頭という。

 円覚寺塔頭は、その繁栄時には42院を数えたが、現在は19の塔頭が残されている。


リンクボタン円覚寺の塔頭





円覚寺
リンクボタン円覚寺

 円覚寺は、八代執権北条時宗が宋の禅僧無学祖元を招いて開かれた。
 臨済宗円覚寺派大本山。
 鎌倉五山の第二位。


鎌倉市山ノ内409
0467(22)0478

JR北鎌倉駅下車すぐ



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮