鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
北条義時 長谷寺紅葉ライトアップ



諏 訪 社
〜源頼朝が宿泊した社〜

編集:yoritomo-japan.com







瀬谷諏訪社


 諏訪社は、1180年(治承4年)、源頼朝が宿泊したと伝えられている神社。

 祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)

 創建年は不詳。


〜源頼朝宿泊の伝説〜

 言い伝えによると・・・

 1180年(治承4年)、伊豆国源氏再興の挙兵をした源頼朝は、相模国へと進軍。

 しかし、石橋山の戦いに敗れて、真鶴から安房国へと渡る。

 その後、安房国から上総国、下総国、武蔵国と兵を集めながら進軍し、10月6日、相模国に入って鎌倉入りを果たす。

 その前夜に宿泊したのが瀬谷郷相辺沢の鎮守諏訪社なのだという。

 翌日、郷士相辺沢義氏と相辺沢義村の先導で出発。

  飯田郷の飯田家義とともに俣野郷で大庭景親俣野景久の兄弟を討ち、鎌倉へと向かったのだとか・・・


参考
リンクボタン歴史めぐり源頼朝〜鎌倉入り〜







歴史めぐり源頼朝



諏訪社
諏訪社

横浜市瀬谷区相沢3−24−1

相鉄線瀬谷駅から徒歩10分







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編