中世歴史めぐり

善光寺と鶴岡八幡宮

編集:yoritomo-japan.com







善光寺と鶴岡八幡宮


 『吾妻鏡』によると・・・

 1179年(治承3年)に焼失した善光寺は、1187年(文治3年)、源頼朝が再建を命じ、1191年(建久2年)には金堂が完成して落慶供養が行われた。

 頼朝亡き後も北条氏によって再建支援が行われ、1253年(建長5年)には、北条重時を檀那として修造供養が行われている。


善光寺
リンクボタン善光寺


 しかし、1268年(文永5年)に焼失。

 直ちに再建が進められ、1271年(文永8年)10月19日に堂供養が行われた。

 導師は、鶴岡八幡宮の第九代別当の隆弁(りゅうべん)だったという。

 また、1299年(正安元年)10月10日には、五重塔の供養が行われ、『鶴岡八幡宮社務職次第』には、「正安元年己亥十十善光寺塔供養 曼荼羅供大阿闍梨」と記されている。

 この時の鶴岡八幡宮の別当は、第十一代政助(せいじょ)。

 鎌倉時代後期の善光寺は、鶴岡八幡宮と大きな結び付きがあったことがうかがえる。


鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮



〜鳩字の額〜

善光寺三門:鳩字の額
リンクボタン善光寺の額
(山門)
八幡宮の額
リンクボタン八幡宮の額
(楼門)

 善光寺山門に掲げられている額の文字には、5羽の鳩が隠されている。

 鶴岡八幡宮楼門に掲げられている額の八の字は、2羽の鳩で描かれている。







信濃善光寺

鶴岡八幡宮


源頼朝像と善光寺

歴史めぐり源頼朝



中世歴史めぐり