中世歴史めぐり

源頼朝誕生地
〜名古屋:誓願寺〜

編集:yoritomo-japan.com







源頼朝生誕地


 誓願寺は、1529年(享禄2年)の創建。

 浄土宗西山派の尼寺で本尊は阿弥陀如来。

 誓願寺のある地には、熱田神宮大宮司藤原季範の別邸があったとされ、季範の娘由良御前源頼朝を産んだ場所と伝えられている。

 境内には産湯の井戸が残されている。

 由良御前は久安年間(1145年から1150年)に源義朝と結婚し、1147年(久安3年)に頼朝を産んだ(4月8日ともいわれているが詳細は不明)。

 1159年(保元4年)3月1日に亡くなっている。 


リンクボタン源頼朝の同母姉妹・坊門姫



熱田神宮
リンクボタン熱田神宮
亀井水
リンクボタン亀井水
(龍泉寺)

 熱田神宮は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀る神社で伊勢神宮に次ぐ宮として栄えた。

 頼朝の産湯に使われたという井戸は、龍泉寺にも亀井水として残されている。


源義朝の墓
リンクボタン源義朝墓
(野間大坊)
蛭ヶ小島
リンクボタン蛭ヶ小島
(伊豆の国市)

 由良御前が亡くなった年の暮れ、平治の乱が起こり、義朝平清盛に敗れ、東国へと逃れる途中の尾張国野間で長田忠致に暗殺された。

 頼朝は捕えられた後、伊豆国の蛭ヶ小島に流されている。







歴史めぐり源頼朝



誓願寺

名古屋市熱田区白鳥2−10−12

地下鉄名城線 神宮西駅から徒歩5分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






中世歴史めぐり