奈良・京都

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

京都貴船神社・結社

編集:yoritomo-japan.com







貴船神社・結社


 貴船神社の結社(ゆいのやしろ)は、本宮と奥宮の中間にあることから中宮とも呼ばれる。

 祭神は、縁結びの神として信仰される磐長姫命(いわながひめのみこと)。

 伝説によると、天照大神の孫にあたる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と、磐長姫命の妹・木花開耶姫(このはなさくやひめ)が結婚する際、父の大山祇命(おおやまつみ)は姉の磐長姫命も差し出したが、瓊瓊杵尊は木花開耶姫だけを受け入れた。

 それを恥じた磐長姫命は、「縁結びの神」として良縁を授けるために、貴船の地に鎮まったのだという。





貴船神社・天の磐船
天乃磐船

 1996年(平成8年)に造園業者・久保篤三氏より奉納された自然石。貴船山中で出土したものだという。

 祭神の磐長姫命の御料船として奉納されたもの。


貴船神社・和泉式部歌碑
和泉式部歌碑

 夫との仲がうまくいかなくなって貴船神社を参詣した和泉式部は、貴船川に浮かぶ蛍を観て、自分の心情を「ものおもへば沢の蛍もわが身よりあくがれいづる魂かとぞみる」という歌に託して祈願した。

 すると、「おく山にたぎりて落つる滝つ瀬の玉ちるばかりものな思ひそ」という返歌が聞こえ、やがて願いが叶えられ夫婦仲が円満になったという。


貴船神社・松尾巌句碑
松尾巌句碑

 ホトトギス同人・松尾巌の句碑。もとは本宮石段の上り口にあった。

 「貴船より奥に人住む葛の花」







歴史めぐり源頼朝



貴船神社
リンクボタン貴船神社

京都市左京区鞍馬貴船町180

叡山電鉄「貴船口駅」から徒歩30分
京都バス「貴船」から徒歩8分



洛北エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり