奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



今井兼平の墓
〜大津・粟津古戦場〜

編集:yoritomo-japan.com








今井兼平の墓


 今井兼平(いまいかねひら)は、木曽義仲の乳母子。

 武蔵国比企郡の大蔵館で誕生した義仲は、父の源義賢が討たれると、信濃国の木曽谷に逃れて兼平の父中原兼遠のもとで育てられた。

 そのため兼平と義仲は幼い頃よりともに育ったのだという。

 義仲に仕えた女武者巴御前は兼平の姉妹だとする説も。

 1180年(治承4年)の義仲の挙兵に従い、1183年(寿永2年)7月には、平家を都落ちさせ、義仲とともに入京。

 しかし、義仲が後白河法皇と対立すると、源頼朝が派遣した源範頼源義経に京を攻められ、粟津で義仲とともに討死した。


今井兼平の墓


今井兼平の墓

滋賀県大津市晴嵐2−4−16

JR琵琶湖線 「石山」 下車 徒歩3分





義仲寺
リンクボタン義仲寺
(大津市)

 義仲寺は、義仲が葬られた所と伝えられている。


木曽義仲の墓
リンクボタン木曽義仲の墓
(義仲寺)
巴塚
リンクボタン巴塚
(義仲寺)


リンクボタン粟津の戦い:木曽義仲と今井兼高の最期





〜木曽にある菩提寺〜

徳音寺
リンクボタン徳音寺
(長野県木曽町)

 木曽町の徳音寺には、木曽義仲・義仲の母小枝御前・巴御前・樋口兼光・今井兼平の墓が建てられている。







歴史めぐり源頼朝

源義経をめぐる京都




大津で頼朝・義経・義仲
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり




2022年の大河ドラマは
「鎌倉殿の13人」

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時


承久の乱