鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



前裁列樹ビャクシン
〜建長寺の名勝庭園〜


編集:yoritomo-japan.com







建長寺のビャクシン


 仏殿前の「ビャクシン」。

 右側に四株、左側に三株、計七株が植えられている。

 「ビャクシン」は、禅寺の前栽として植えられるもので宋風の前庭様式を踏襲したもの。

 建長寺開山の蘭渓道隆が宋から持ってきた種を植えたと伝えられる株もあり、幹回りは7メートルにもおよぶ巨木(新日本名木百選)。

 かつては、仏殿山門(三門)の間に十株の、山門(三門)総門の間に六株の「ビャクシン」が植えられていた。

 古絵図には、これらの「ビャクシン」が描かれている。

 現在の山門と総門の間は「桜の参道」


建長寺のビャクシン

建長寺のビャクシン



方丈庭園
リンクボタン建長寺の名勝庭園

 名勝指定の対象は、仏殿前の「柏槇(ビャクシン)の古木」と方丈裏の「池泉庭園」。







建長寺
リンクボタン建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編