鎌倉手帳(寺社散策)

護良親王の墓
〜鎌倉:妙法寺〜

編集:yoritomo-japan.com







護良親王の墓


 妙法寺の中興開山の日叡は、鎌倉で悲運の最期を遂げた大塔宮護良親王の子で、母は、護良親王とともに鎌倉に来た藤原保藤の娘南の方。

 護良親王は、足利尊氏と対立して鎌倉の東光寺(現鎌倉宮)に幽閉され、北条高時の遺児時行の反乱(中先代の乱)が起こったときに、尊氏の弟直義によって殺された(参考:鎌倉宮 護良親王の墓)。

 妙法寺の裏山山頂には、護良親王の墓が建てられている。


護良親王の墓
護良親王墓からは相模湾が望める。

リンクボタン鎌倉の海

リンクボタン鎌倉:海の見える寺





〜大塔宮祭〜

 1335年(建武2年)7月23日、護良親王(大塔宮)は、足利直義の命を受けた淵辺義博によって殺害された。

 親王の子を懐妊していた南の方は、のちに男児を出産する。その子が妙法寺の中興開山の日叡。

 二階堂の護良親王の墓は、明治になって鎌倉宮が建立されるまで、妙法寺の管理下に置かれていたといわれている。

 妙法寺では、親王の命日に当たる7月23日に「大塔宮祭」が行われている。


護良親王
リンクボタン護良親王


南方の墓
日叡の母南の方墓
日叡の墓
日叡墓


護良親王(大塔宮)の失脚(okadoのブログ)

足利尊氏・直義兄弟と鎌倉(okadoのブログ)







妙法寺
リンクボタン妙法寺

 妙法寺は、鎌倉で悲運の最期を遂げた護良親王の子日叡が、日蓮の旧跡に再興した寺。
 裏山山頂には護良親王の墓が建てられている。


鎌倉市大町4−7−4
0467(22)5813

鎌倉駅東口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町・名越

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)