鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



日朝と日蓮の分骨堂
〜鎌倉:本覚寺〜


編集:yoritomo-japan.com







本覚寺分骨堂


 本覚寺は、二代日朝が目の病気を患った際に、法華経と自らの回復力で治癒したことから、目の病気を治してくれる寺として「日朝さま」の愛称で親しまれている。

 日朝は、開山の日出が伊豆を訪れた際に出会った少年といわれ、日蓮の再来とまでいわれるほど聡明だった。

 のちに身延山久遠寺十一世となり、身延に遠い信者のために、本覚寺にも日蓮の遺骨を分骨したことで「東身延」と呼ばれるようになった。

 本覚寺に伝えられている「東身延」の額は、松平定信の筆によるもの。






本覚寺の枝垂れ桜
リンクボタン枝垂れ桜
本覚寺しあわせ地蔵
しあわせ地蔵


◎日朝上人大会
 毎年7月24日に行われる法要。日朝忌の前日に行われている。


日蓮の分骨堂〜本覚寺〜(okadoのブログ)

鎌倉本覚寺二世の日朝上人(okadoのブログ)






本覚寺
リンクボタン本覚寺

 本覚寺は、源頼朝ゆかりの夷堂があったいわれる所。
 門前を流れる滑川は「夷堂川」とも呼ばれ、架けられている橋は、鎌倉十橋の一つに数えられる「夷堂橋」


鎌倉市小町1−12−12
0467(22)0490

鎌倉駅東口より徒歩3分


リンクボタン小町大路の歴史散策



鎌倉:寺社・史跡めぐり
小町・大町周辺

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時