鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

初 巳 祭
〜鎌倉:銭洗弁財天宇賀福神社〜

編集:yoritomo-japan.com







初巳祭


 新年の最初の巳の日に行われる「初巳祭」。
 (※毎月初巳の日にも「初巳祭」が行われています。)

 銭洗弁財天宇賀福神社は、源頼朝が「巳の年・巳の月・巳の日」に見た「夢のお告げ」によって、宇賀福神を祀ったことをその始まりとしていると伝えられています(1185年(文治元年)4月)。

 のちの1257年(正嘉元年:巳の年)には、北条時頼が金銭を洗い一族の繁栄を祈ったのだといいます。

 いつの頃からか「霊水で銭を洗うと数倍にもなって戻ってくる」という信仰が生まれ、「巳の日」には商売繁盛を願う参拝者で賑わいます。

 何枚ものお札や通帳を洗う人もいます。

 特に弁財天の縁日とされる己巳日(つちのとみまつり)は参詣する者が多くなります。

 銭洗弁財天宇賀福神社の霊水は、鎌倉五名水の一つです。





宇賀福神

 宇賀福神は、頭が人間、体がヘビという姿。

 ヘビの好物「玉子」の奉納ケースも用意されています。

初巳祭


銭洗弁財天・祭日表
リンクボタン2020祭日表


2021年の新年初巳の日は1月9日
初巳祭は10:00から


初巳祭



〜銭洗水〜

 銭洗弁財天宇賀福神社の銭洗水は、

 1685年(貞享2年)に徳川光圀が編纂させた『新編鎌倉志』には、「隠里の巌窟の中にあり。福神銭を洗と云う。鎌倉五水の一也」と紹介され、

 1841年(天保12年)に成立した『新編相模国風土記稿』には、「扇ガ谷村の西方佐助谷にある大岩窟を云ふ。往古夜中に人語の響あり。聞くに悉く吉事のみを語りしと云ふ。又窟中に銭洗井と云ふあり、福神此の水にて銭を洗ふと云伝ふ。鎌倉五水の一なり」 と紹介されています。

銭洗水


〜霊水で銭を洗う。〜

 霊水で洗った銭は有意義な事に使う事。

 京都の六波羅蜜寺銭洗い弁財天は、洗ったお金は貯めておくそうですが、鎌倉では洗ったお金は持っているのではなく、使う事によってご利益があるのだとか・・・。

初巳祭
初巳祭


イベント中祭:4月初巳日

イベント大祭:9月白露巳日中祭







銭洗弁財天宇賀福神社
イベント銭洗弁財天宇賀福神社

鎌倉市佐助2−25−16
0467(25)1081

鎌倉駅西口より徒歩25分


源氏山三社詣





初詣
リンクボタン鎌倉の初詣
新年イベント
リンクボタン新年イベント


リンクボタン鎌倉:新年イベントマップ


鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅