鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

忍野八海
世界文化遺産「富士山」

編集:yoritomo-japan.com







忍野八海


 忍野八海は、富士山の伏流水に水源を発する湧水池。

 約20年の歳月をかけてろ過された富士の雪解水が湧水となり、8つの泉をつくり出した。

 かつての忍野盆地には忍野湖がよこたわっていたが、富士山の噴火活動によって涸れてしまい、その結果残されたのが忍野八海。

 江戸時代の富士信仰の古跡霊場(「富士山根元八湖霊場」)で、各池には八大龍王が祀られ、富士道者はこの湧水池で水垢離をして富士山に登ったのだという。

 1934年(昭和9年)には国の天然記念物に指定され、2013年(平成25年)には世界文化遺産「富士山」の構成資産として登録されている。


〜富士の八海〜

 富士講信者の間では、富士山麓の八つの湖沼(八海)には龍神が住むとされ、富士登山の際には「富士八海巡り」が行われていた。

 その八海とは、仙瑞、山中湖、明見湖、河口湖西湖精進湖本栖湖、四尾連湖。
 「忍野八海」という名称も「富士八海」に由来するもので、忍野八海は「元八海」と呼ばれていたという。






忍野八海・出口池
リンクボタン出口池
(一番霊場)
忍野八海・お釜池
リンクボタンお釜池
(二番霊場)

忍野八海・底抜池
リンクボタン底抜池
(三番霊場)
忍野八海・銚子池
リンクボタン銚子池
(四番霊場)

忍野八海・湧池
リンクボタン湧池
(五番霊場)
忍野八海・濁池
リンクボタン濁池
(六番霊場)

忍野八海・鏡池
リンクボタン鏡池
(七番霊場)
忍野八海・菖蒲池
リンクボタン菖蒲池
(八番霊場)



忍草浅間神社
リンクボタン忍草浅間神社
(源頼朝ゆかりの社)



忍野八海
榛の木林資料館からの景色






歴史めぐり源頼朝



忍野八海
忍野八海
(世界文化遺産)

山梨県南都留郡忍野村

富士急行線「富士山駅」からバス25分






富士山
リンクボタン世界文化遺産「富士山」


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)