鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
北条義時 長谷寺紅葉ライトアップ



日 枝 神 社

編集:yoritomo-japan.com







日枝神社


 日枝神社は、1478年(文明10年)、太田道灌が江戸城築城の際に川越の無量寿寺(現在の喜多院中院)の鎮守仙波日枝神社を勧請したことに始まるのだという。

 1590年(天正18)、豊臣秀吉の小田原攻め後、関東に移封されて江戸城に入った徳川家康は、城内の紅葉山に遷座。

 江戸城の鎮守とした。

 1604年(慶長9年)、二代秀忠の江戸城改築の際、江戸城外の隼町(現在の国立劇場付近)に遷座。

 1657年(明暦3年)の明暦の大火で焼失した後、四代家綱が赤坂に社殿を造営、1659年(万治2年)に遷座された(現在地)。

 家綱造営の社殿は、江戸初期権現造の代表的建物として国宝に指定されていたが、1945年(昭和20年)の東京大空襲で焼失。

 現在の社殿は、1958年(昭和33年)の再建。


主祭神
大山咋神
(おほやまくひのかみ)

相殿神
国常立神
(くにのとこたちのかみ)
伊弉冉神
(いざなみのかみ)
足仲彦尊
(たらしなかつひこのみこと)






日枝神社
神門

日枝神社


日枝神社 日枝神社

 全国の日枝神社の総本社日吉大社では猿を神使とし、京都御所の猿ヶ辻や赤山禅院の拝殿屋根にも山王信仰に基づく猿が置かれている。

 「山王」は日吉の神の別名。



江戸城
リンクボタン江戸城

 日枝神社が鎮座されている地は、江戸城の裏鬼門。

 表鬼門には神田明神が鎮座している。

 また、徳川将軍家の菩提寺である寛永寺は表鬼門、増上寺は裏鬼門に位置する。







日枝神社
日枝神社

東京都千代田区永田町2−10−5



江戸城
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編