鎌倉手帳(寺社散策)

渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」  源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ

旧台徳院霊廟惣門
〜増上寺〜


編集:yoritomo-japan.com







旧台徳院霊廟惣門


 江戸幕府二代将軍徳川秀忠の霊廟の惣門だった建物(重要文化財)。

 台徳院(だいとくいん)は 秀忠の院号。

 霊廟は、秀忠が死去した1632年(寛永9年)に増上寺境内南側に建立された。

 徳川家霊廟の中で最も規模の大きなものだったが、1945年(昭和20年)の東京大空襲で大部分が焼失。

 惣門・勅額門・御成門・丁字門が残された。

 惣門は現地に保存されたが、勅額門・御成門・丁字門は、1960年(昭和35年)に所沢市の狭山不動寺(埼玉県)へ移築されている。


旧台徳院霊廟惣門 仁王像 旧台徳院霊廟惣門 仁王像

 安置されている仁王像は、胎内の銘札から川口市西立野の西福寺の仁王門に安置されていたものと判明している。

 1948年(昭和23年)に浅草寺に移され、1958年(昭和33年)頃までに、この惣門に安置されたと考えられている。






増上寺徳川将軍家霊廟宝塔
リンクボタン秀忠と崇源院の宝塔
(徳川将軍家霊廟)

 1945年(昭和20年)の東京大空襲で霊廟が焼失した後、土葬されていた秀忠の遺体は荼毘に付され、徳川将軍家霊廟に改葬されている。



〜徳川秀忠室崇源院の御霊屋〜

 秀忠の霊廟の北には、秀忠より先に死去した正室崇源院の霊屋が建てられていたが、秀忠の没後、崇源院は台徳院霊廟に祀られ、旧崇源院霊屋は1647年(正保4年)に鎌倉の建長寺に移築されている。


建長寺仏殿
リンクボタン旧崇源院御霊屋
(建長寺仏殿)

 建長寺方丈勅使門西来庵中門も崇源院の霊牌所にあった建物。

建長寺唐門
リンクボタン方丈勅使門
西来庵中門
リンクボタン西来庵中門







増上寺
リンクボタン増上寺

東京都港区芝公園4−7−35



増上寺MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)