鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

十六ノ井
〜鎌倉:海蔵寺の謎の井戸〜

編集:yoritomo-japan.com







海蔵寺十六ノ井


  海蔵寺仏殿の裏のトンネルをくぐると岩窟があって、その中に丸く掘られた穴が縦横4つずつ並んでいる。

 「十六ノ井」と呼ばれているが、何のための穴なのかは判っていない。


海蔵寺十六ノ井
謎の十六穴





海蔵寺十六ノ井
正面の壁面

 岩窟内部正面の壁面には、観音菩薩像が安置されている。

 この像は、1446年(文政6年)に安置された石像といわれ、その以前までは青銅製の観音菩薩像が安置されていたという。

 観音菩薩像の下に置かれているのは弘法大師像。

 観音像左の壁面には、1306年(嘉元4年)の銘が入った阿弥陀三尊来迎図を刻んだ板碑がはめ込まれていた。

 現在は鎌倉国宝館に寄託されている(下の写真)。

 16の穴について、『扇谷山海蔵略寺縁起』には、開山が観世音菩薩のお告げによって井戸を掘り出し、その時に観音菩薩像も出てきたと伝えている。

 一方で、弘法大師が掘ったもので、仏に奉納する水を汲んだ井戸であるとする伝説も残されている。

 また、学者の中には納骨穴ではないかという説もある。

 謎の多い井戸で、詳しいことは解明されていない

 参考までに、宝戒寺裏の滑川沿いで、1935年(昭和10年)に発見された「紅葉山やぐら」でも、「十六ノ井」と同じ形のものが発見されている。


板碑
板碑







歴史めぐり源頼朝



海蔵寺
リンクボタン海蔵寺

 海蔵寺は、殺生石の伝説でも知られる心昭空外(源翁禅師)よって開かれた寺。
 本尊の薬師如来は、鎌倉十三仏に数えられている。


鎌倉市扇ガ谷4−18−8
0467(22)3175

鎌倉駅西口より徒歩20分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時