鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ紫陽花シーズン到来ですが・・・

海蔵寺の仏殿
〜伝説の薬師如来〜


編集:yoritomo-japan.com







海蔵寺仏殿


 海蔵寺の薬師堂は、1777年(安永6年)に浄智寺から移築されたもので、1577年(天正5年)の建物といわれている。





海蔵寺薬師三尊
薬師三尊

 海蔵寺の本尊・薬師如来像(江戸時代)は、胎内仏(薬師の頭部(鎌倉時代))を納めたもので、「啼薬師」あるいは「児護薬師」と呼ばれ、子育てにご利益があるといわれている。

 胎内の像は、鎌倉時代のもので、拝観できるのは61年ごと。

 脇侍の日光菩薩・月光菩薩と十二神将像とともに仏殿に安置されている(江戸時代)。

胎内像の開帳は、初回の開帳年が明らかでなく、したがって次回開帳が何年になるのか不明。


☆伝説!薬師像☆
〜胎内にもう一つ薬師の顔〜


 ある日、毎晩のように赤ん坊の泣き声がするため、開山の源翁禅師が行ってみると、金色の光と甘い香りが漂う古い墓があった。

 禅師が経を読みながら掘っていくと、薬師さまの顔が出てきたという。

 その薬師さまの顔をこの寺の薬師像の胎内に納めたといわれる。


海蔵寺薬事如来



〜海蔵寺と朱垂木やぐらの位牌〜

海蔵寺位牌
海蔵寺
朱垂木やぐら
リンクボタン朱垂木やぐら

 海蔵寺の大型の木造古位牌は、応永30年(1423年)、永正12年(1515年)の銘のある古いもの。

 天園ハイキングコースにある朱垂木やぐら内部に浮き彫りされた位牌と同じ形。







歴史めぐり源頼朝



海蔵寺
リンクボタン海蔵寺

 海蔵寺は、殺生石の伝説でも知られる心昭空外(源翁禅師)よって開かれた寺。
 本尊の薬師如来は、鎌倉十三仏に数えられている。


鎌倉市扇ガ谷4−18−8
0467(22)3175

鎌倉駅西口より徒歩20分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時