中世歴史めぐり

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

義経よろい掛け松
〜四天王寺〜

編集:yoritomo-japan.com







源義経よろい掛け松


 源義経は、1185年(文治元年)、壇ノ浦に平家を滅ぼした源平合戦の英雄。

 しかし、兄頼朝と不仲となり、都を落ちて大物浦(だいもつのうら・摂津国)から西国へ向かったが、難破して行方をくらませた。

 伝説によると、和泉国に流れ着いた義経は、吉野山に逃れる途中で四天王寺に立ち寄り、松の木に鎧を掛けたのだという。

 その後、義経は、長い逃亡生活を送り、奥州平泉藤原秀衡の許に落ち延びたが、秀衡死後の1189年(文治5年)閏4月30日、秀衡の跡を継いだ泰衡に衣川館を襲撃されて最期を遂げている。


〜参考〜

 『義経記』によると・・・

 義経は、吉野山に逃亡する前に、住吉大社の神主・津守長盛の許で一夜を過ごしたのだという。


住吉大社
リンクボタン住吉大社
吉野山
リンクボタン吉野山






源義経

歴史めぐり源頼朝



四天王寺
リンクボタン四天王寺

 四天王寺は聖徳太子建立の七大寺の一つ。
 鎌倉時代には、源頼朝が参詣している。









中世歴史めぐり