奈良・京都

東大寺の鐘楼
〜国宝梵鐘〜

編集:yoritomo-japan.com







東大寺鐘楼


 東大寺の鐘楼は、重源のあとを継いで二代目の大勧進となった栄西が再建したもの。

 吊られている梵鐘は国宝。

 梵鐘は、大仏開眼供養が行われた752年(天平勝宝4年)に製作されたもので、中世以前の梵鐘としては最大のもの(高385p、口径271p)。

 修理銘により1070年(延久2年)と1096年(永長元年)に地震によって墜落し、1239年(延応元年)には龍頭が切れて転落しているが、その都度修理されていることが判明している。

 知恩院(京都)の梵鐘、方広寺(京都)の梵鐘とともに「日本三大名鐘」の一つに数えられている。


東大寺梵鐘


〜天下の名鐘〜

 古くより、「姿(形)の平等院」「声の園城寺」「銘の神護寺」、「勢の東大寺」と称されている。


天下の名鐘


リンクボタン南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜





歴史めぐり源頼朝



東大寺
リンクボタン東大寺
(世界文化遺産)

 東大寺は、聖武天皇が建立した寺。全国に設置された国分寺の総本山として信仰された。
 本尊は奈良の大仏として知られる「銅造盧舎那仏坐像」


奈良県奈良市雑司町406−1

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
近鉄奈良駅から徒歩約20分


世界 東大寺は世界文化遺産
(古都奈良の文化財)


奈良・京都







葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり