奈良・京都

天下の三名鐘

編集:yoritomo-japan.com







 古くより、「姿(形)の平等院」、「声の園城寺」、「銘の神護寺」、「勢の東大寺」と称されている名鐘。


平等院の鐘
リンクボタン平等院の鐘


 平等院の鐘は、全面に天人、獅子、唐草文様などの繊細な浮き彫りを施した鐘(国宝)。

 鳳凰堂(阿弥陀堂)が建立された1053年(天喜元年)頃の鋳造と考えられている。

 ※現在、鐘楼に吊されている鐘は、寸分違わぬ姿で復元されたもの。


三井の晩鐘
リンクボタン園城寺の鐘

 園城寺の鐘は「龍神伝説」が残されたもので、近江八景の「三井の晩鐘」として知られている。

 1602年(慶長7年)の鋳造。


神護寺鐘楼
リンクボタン神護寺

 神護寺の鐘は、序、銘、書のいずれも当代一流の者によることから「三絶の鐘」と称された。

 875年(貞観17年)に鋳造(国宝)。


東大寺の鐘
リンクボタン東大寺の鐘

 東大寺の鐘は、752年(天平勝宝4年)に製作されたもので、中世以前の梵鐘としては最大(国宝)。

 知恩院の鐘、方広寺の鐘とともに三大梵鐘に数えられている。







奈良・京都

歴史めぐり源頼朝


葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり