奈良・京都

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

東大寺の七重塔

編集:yoritomo-japan.com







東大寺七重塔相輪
七重塔相輪


 かつて、東大寺大仏殿の東西には、100メートルに達する七重塔(東塔・西塔)が配されていた。

 しかし、平安中期に西塔が落雷で焼失。

 東塔は、1180年(治承4年)12月の平重衡による南都焼討で焼失。

 南都焼討後、東大寺の再興に奔走した俊乗坊重源が1204年(元久元年)に東塔の再建に動き出し、重源没後も栄西行勇に受け継がれ、約20年が経った1227年(嘉禄3年)頃に完成した。

 ただ、その東塔も1362年(康安2年)に落雷で焼失してしまっている。

 1970年(昭和45年)に大阪で開催された日本万国博覧会で、古河グループは東大寺の七重塔を再現。

 七重塔の相輪(そうりん)は、その頂に掲げられたもので、万博終了後、七重塔は解体されたが、相輪は東大寺に寄贈された。


東大寺伽藍
リンクボタン大仏殿の模型





海老名駅前の七重塔
リンクボタン七重塔
(神奈川県海老名駅前)


 741年(天平13年)の聖武天皇の「国分寺建立の詔」によって、各国に国分僧寺と国分尼寺が一つずつ置かれた。

 相模国分寺は海老名に置かれている。

 海老名駅前にある七重塔は、実物の約3分の1の大きさで建設された復刻版。


相模国分寺
リンクボタン相模国分寺







南都焼討と東大寺の再興 〜重源と源頼朝〜

歴史めぐり源頼朝



東大寺
リンクボタン東大寺
(世界文化遺産)

 東大寺は、聖武天皇が建立した寺。全国に設置された国分寺の総本山として信仰された。
 本尊は奈良の大仏として知られる「銅造盧舎那仏坐像」


奈良県奈良市雑司町406−1

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
近鉄奈良駅から徒歩約20分


世界 東大寺は世界文化遺産
(古都奈良の文化財)


奈良・京都







葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり