奈良・京都

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

道元禅師修行の遺跡
〜京都建仁寺〜

編集:yoritomo-japan.com







建仁寺道元禅師修行の遺跡


 我が国曹洞宗の開祖・道元は、1214年(建保2年)、比叡山延暦寺で出家。

 1217年(建保5年)、建仁寺栄西の弟子・明全に師事し、1223年(貞応2年)、明全とともに宋に渡った。

 1228年(安貞2年)、宋の地で没した明全の遺骨を持ち帰り、再び建仁寺に入る。

 1233年(天福元年)、京都深草に興聖寺を開いたが、1243年(寛元元年)、越前国の地頭波多野義重の招きで越前に移転。

 1244年(寛元2年)、大佛寺を開く(のちの永平寺)。



道元鎌倉御行化顕彰碑
リンクボタン道元鎌倉御行化顕彰碑
(鎌倉市)

 道元は、1248年(宝治2年)から1249年(宝治3年)にかけての半年間、五代執権北条時頼に招かれ鎌倉に滞在した。

 碑には「只管打坐(しかんたざ)」と彫られている。





歴史めぐり源頼朝



建仁寺
リンクボタン建仁寺

 建仁寺は、1202年(建仁2年)、鎌倉幕府二代将軍の源頼家が創建。
 開山には、我が国臨済宗開祖の栄西
 京都五山第三位の格式を誇った寺。


京都市東山区小松町584

JR京都駅から市内循環バス
「東山安井」下車徒歩5分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり