鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



小道地蔵堂
〜湯河原町〜

編集:yoritomo-japan.com







湯河原・小道地蔵堂


 小道地蔵堂は、源頼朝の伝説が残された堂。

 もとは星ヶ山の中腹にあったが焼失し、現在地に再建されたのだという。

 伝説によると・・・

 1180年(治承4年)8月、源頼朝石橋山大庭景親伊東祐親らに大敗。

 星ヶ山の純海和尚は、助けを求めてきた頼朝一行を堂の床下に隠した。

 そこへ大庭景親の軍勢が押し寄せ、頼朝の行方を聞き出すため純海和尚を拷問にかけるが、和尚は頼朝の事を話す事なく息絶えてしまったのだという。

 騒ぎが静まり、床下から出てきた頼朝が眼にしたものは、哀れな純海和尚の姿。

 純海和尚を膝に抱きかかえ愛憐の涙を流す頼朝。

 その時、頼朝の涙が純海和尚の喉元に落ちた。

 すると、純海和尚は息を吹き返したのだという。

 のちに頼朝は純海和尚の忠誠に報いるために寺領を寄進。

 堂の名は小道山頼朝寺とされたのだとか。







源頼朝挙兵

石橋山の戦い

歴史めぐり源頼朝



小道地蔵堂

神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1?1

湯河原駅・真鶴駅から箱根登山バス「吉浜」下車



湯河原・頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






源頼朝配流の地・北条氏発祥の地
(伊豆の国市)

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜
(伊豆の国市)

 伊豆・箱根

熱海の源頼朝伝説

伊東で源頼朝伝説

湯河原・真鶴の源頼朝伝説


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編