鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



源頼家の念仏禁止令
〜称念房の伝説〜


編集:yoritomo-japan.com







 1200年(正治2年)5月12日、源頼家は、「念仏の禁止令」を発出。

 頼家に命じられた比企弥四郎(時員)は、念仏僧14名を捕らえて、政所の橋の傍らで袈裟を剥ぎ取り、順番に焼いていった。

 橋には、大勢の見物人が集まり、皆頼家の愚行を非難したのだとか・・・



〜燃えなかった称念房の黒衣〜

 『吾妻鏡』によると・・・

 僧の中に称念房という者がいて、黒衣を燃やす比企弥四郎にこう告げた。

 「俗人の束帯と僧侶の袈裟とは同じ黒を用いることになっている。

  どうして黒衣の着用を禁止されるのか。

 総じて、今の世の政治のありさまは、 仏の道にも世の中の道理のいずれにもはずれたもの。

 これは滅亡の元凶でしょう。

 しかし、称念の袈裟は、正しい道を表した袈裟であるので、 焼くことはできないでしょう」

 その言葉どおり、 称念の袈裟を焼くことはできず、もとのとおり袈裟を着込んだ称念は、どこへともなく消えていったのだという。

 念仏禁止令は、その後すぐに廃止され、世間の笑いぐさになったとのだとか。


〜比企時員〜

 比企時員(ひきときかず)は、比企能員の子。

 「十三人の合議制」に反発した頼家が指名した5人のうちの一人。

 比企能員の変で討死。







源頼家像
リンクボタン源頼家


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)