鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



北条朝時の火牛の計
〜砺波山:承久の乱〜

編集:yoritomo-japan.com








  1221年(承久3年)5月15日、後鳥羽上皇北条義時追討の挙兵をすると、5月22日、幕府軍は東海道・東山道・北陸道の三道に分けて進軍を開始。

 北陸道の大将軍は、義時の次男・北条朝時。

 6月8日、四万騎を従えた朝時は、越中国般若野庄に到達。

 翌日には砺波山に布陣して朝廷軍を撃破。

 『承久記』によると、牛を捕らえて角先に続松(松明)を結び付けて、敵陣に走り込ませたのだという。



承久記絵巻
承久記絵巻










承久の乱

 承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした打倒北条義時の兵乱。

 後鳥羽上皇方の敗北により、後鳥羽上皇・順徳上皇・土御門上皇が流され、後鳥羽上皇に加担した公家・武士などの所領は没収。

 朝廷の動きや西国御家人を監視するため六波羅探題が設置された。

 『吾妻鏡』よると、北条政子は、承久の乱に勝利できたのは「半分以上は泰時の手柄によるもの」と語っている。



宇治川の戦い〜承久の乱〜


瀬田の合戦〜承久の乱〜





京都文化博物館特別展

リンクボタンよみがえる承久の乱
−後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏−

2021/4/6(火)〜5/23(日)

よみがえる承久の乱







鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編