鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



鎌倉宮の節分祭

編集:yoritomo-japan.com








鎌倉宮節分


 鎌倉宮の節分は、本殿で「節分祭」、拝殿で「鬼やらい神事」が行われた後、社殿前に特設されたステージで豆撒きが行われます。 



節分祭15:00から
(本殿)

鬼やらい神事15:20頃から
(拝殿)

豆まき15:40頃から
(特設ステージ)



お年寄りや幼児を連れた方は14:30から15:00の間に拝殿西側へ行くと、豆まき終了後に福物がいただけるようです。



2024年の節分は
2月3日(土)





鎌倉宮節分


 「鬼やらい神事」は、鐘や太鼓で鬼を追い払う儀式。

 「鬼やらい神事」の際に行われる豆まきは、子どもや高齢者向けのものということです。


鎌倉宮節分





〜豆まきの由来は大晦日の追儺〜

 節分の豆まきは、大晦日に宮中で行われていた悪鬼を追い払う「追儺」(ついな)という行事に由来。

 追儺は「おにやらい」「なやらい」とも呼ばれていました。

 紫式部『源氏物語』にも描かれています。


鬼やらい





〜方違えと豆まき〜

 『枕草子』には節分に方違えが行われていたことが記されている。

 清少納言は「すさまじきもの」としているが、それが「豆まき」へと変化していったらしい。


リンクボタン清少納言 節分の方違え〜「すさまじきもの」から「豆まき」に〜










鎌倉宮節分
リンクボタン鎌倉の節分祭

 節分は、節目の邪気(鬼)払いを行う日。

 大寒から立春となる節目に、鬼に豆をぶつけ、邪気を追い払い、無病息災を願うという意味があります。


豆まき発祥伝説

恵方巻き









鎌倉宮
リンクボタン鎌倉宮

鎌倉市二階堂154

0467−22−0318

鎌倉駅よりバス「大塔宮」下車すぐ



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅